野球肩の原因

野球肩はなぜなってしまうのか?

  1. 体の硬さ
  2. 投球フォーム
  3. 投げすぎ

 

 

体の硬さ

  • 上半身の硬さ
  • 下半身の硬さ

上半身の硬さ

  • 肩自体の硬さ(肩甲上腕関節の硬さ)
  • 肩甲骨の硬さ(肩甲胸郭関節の硬さ)
  • 背骨の硬さ(胸椎・胸郭の硬さ)

下半身の硬さ

  • 股関節の硬さ(股関節周囲筋の硬さ)
  • 大腿部前側の硬さ(大腿四頭筋の硬さ)
  • 大腿部後側の硬さ(ハムストリングスの硬さ)

投球フォーム

投げすぎ(投球過多)

練習量・試合数は米国に比べると多い

野球の盛んな米国と比べると、日本の野球選手の練習量・試合数は多い。多いチームだと土・日・祝日を一日2~3試合行い、年間100試合以上に及ぶ。

高校生以上では冬季には試合が無いが、小・中学生・草野球選手は年中野球をしている

高校生・大学生・社会人野球・プロ野球選手は試合はなく、投手もピッチングを控えている。

しかし、体が未熟な小・中学生が年中試合があり、寒い冬季でも投手は全力投球をする。

草野球にも1年を通して試合するチームもある。

野球肩について詳しくはこちら

野球肩

野球肩に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加