ベンチプレスで肩を痛めて投げられなくなった「野球肩」が治って春の大会に間に合った!

野球肩

今回ご紹介させていただくのは、ベンチプレスにより肩を痛め投球動作にも支障が出てしまった

大学野球選手の症例です。

患者さん

男性 大学4年生 硬式野球 内野手

来院日

20181

症状

2017年12月

ベンチプレスをやってから肩が痛むようになった。

 

2018年1月

すぐ治ると思い、年末年始ノースローで休むが年明けにいざ投げてみるが、痛みが改善されていなかった。
60%程度で投げられるが、強くは投げられなくなってしまった。 

 

 

このような原因・症状がみられました。

  • 肩の真上が痛い。
  • 60%では投げられるが全力では投げられない。
  • ベンチプレスで痛めた。
  • 肩を上にあげると痛み、違和感がある

 

治療内容と経過

1回目施術(1/17)

MER疼痛あり

全身バランス調整にて肩が軽くなる感覚を感じてもらいました。

それから、肩関節の局所施術をしました。

肩関節・肩甲骨のセルフエクササイズを処方し、練習や家でやってもらいます。

2回目施術(1/24)

MER痛あり 2ndER可動域は増加

施術内容は前回と同じ。

肩関節エクササイズを追加で処方しました。

 

翌日に投球再開

70~80%を20球投げられた。

3回目施術(2/14)

MER痛軽減

施術内容は肩関節の徒手抵抗運動の種目を増やしました。

週末練習で、ピッチング練習にて50%の投球で痛みが出たが、野手投げで投げたところ痛みは出なかった。

4回目施術(2/28)

MER痛ほぼ無し 施術内容は同じ。

 

週末試合でファーストにて出場。
内野送球は痛みなくできた。

 

ピッチングでの痛みが出るので、フォームに着目しました。

当院にて、フォームのセルフチェックエクササイズを処方しました。

3/4 LINEにて連絡

試合にて、 痛みなく投球できた。

目標としていた1カ月で復帰を果たし、そして試合にも勝つことができました。

とても、素晴らしい結果にとても嬉しいです。

 

ここで、投球障害肩の症状は見られないこと。

そして、再発防止に毎回施術時にセルフエクササイズを処方したので、これからは自分でもコンディショニングができるようになり、卒業となりました。

投球時痛があった「野球肩」の根本的な痛みの改善ができ、可動域や体のバランスが整えられえた

お客様写真
アンケート用紙

Q. 施術を受ける前はどんな症状でお困りでしたか?

ベンチプレスの際に肩に負担がかかってしまい、投球時に痛みが出てしまった。 

Q. 今まで、そのような症状に対して何か対処はされましたか?

初めての肩の怪我だったので、特には対処していなかった。

Q. 施術を受けてみて良かったと思った所はどんな所ですか?

肩の可動域や、体のバランスが整えられた。また、根本的な痛みの改善が出来たこと。

Q. 当院の施術をどんな方にお勧めしますか?

同じ野球部で肩等を痛めている選手。

神奈川県 男性 甲子園準優勝・某六大学硬式野球部所属   「野球肩」

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

武蔵小山・戸越銀座の整体「いしかわ鍼灸整骨院」口コミで人気

〒142-0063東京都品川区荏原2-18-7 (中原街道沿い、「平塚橋」バス停前)